« 「学校単位での結果公表?反対に決まってるやんけ!」大阪府2008年9月定例府議会、代表質問スタート(自民党編) | トップページ | 「教育格差の前に現状提示、協力した市町村には財政支援を」大阪府2008年9月定例府議会、代表質問スタート(公明・民主党編) »

IDOL TRIBUTES(Vol.6)「南沙織・①色づく街」



☆シングル・フル・ヴァージョンはこちら
 
 先日、ラジオ番組を聴いていると、リクエストでオン・エアされたのがこの曲でした。南沙織といえば「17才」のイメージが強かっただけに、ある意味新鮮でしたが、当時リアルに聴いた記憶が少しずつ蘇ってきたような気がしました。尤も、一番記憶が薄い70年代ですから完全ではありませんが、「17才」同様、1度聴くとメロディも憶えやすく、過日は"れいのカラオケ"で即、歌えましたよ、C様!「いつでもOK」です。   

 この曲は「17才」でデヴューした彼女の9枚目のシングルになるそうで、リリースは73年8月。意外にも彼女は沖縄県出身だとか。道理で健康的な肌色をしていたはずです。もっと意外だったのは、この曲の短い事。僅か1分半ほどの中に、秋の情緒と辛い恋の未練や別れを経験して、大人に成長する女性の心情が見事に描かれています。作詞は有馬三恵子氏、作曲は筒美京平氏。それを表現力豊かに歌い上げる南沙織。3拍子揃ってこそ成立する、秋の名曲と言っても過言ではないでしょう。さすが、の一言に尽きますね。

 91年の紅白歌合戦では、国営放送の強い要請(視聴率云々の問題?)に根負けしたのか、この曲をひっさげて限定復帰したようですが、今は動画やCDでしか彼女の歌う姿を見聞きできないのは残念ですね。とは言っても、彼女もいい御歳ですから、復帰を望んでも固辞されてしまうでしょうが・・・。南沙織だけでなく、同時期に活躍したアイドル達のような存在は2度と現れないでしょうね。恋すれど廃盤・・・といった気分です。

|
|

« 「学校単位での結果公表?反対に決まってるやんけ!」大阪府2008年9月定例府議会、代表質問スタート(自民党編) | トップページ | 「教育格差の前に現状提示、協力した市町村には財政支援を」大阪府2008年9月定例府議会、代表質問スタート(公明・民主党編) »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

傷心の少年様...おはようございます。ご無沙汰してしまってスミマセンでした。ここのところ忙しくファン登録してくださった方々のブログ訪問もままならない状態なのでゴザイマス^^;。

先日はデビル雅美さんへのコメントをありがとうございました。おっ!こちらはシンシアですね。今の時期にはピッタリの「色づく街」。自分の世代だと三田寛子さんバージョンの方が印象強いかもです、出来はあまりよくありませんでしたけど^^;。まぁ、レコードで聴く分にはそこそこで。あのレコードは中味度外視でジャケ買いしたもので。(笑)

投稿: Cherry Creek | 2008年10月10日 (金) 08時32分

  Cherryさん、こちらこそご無沙汰してすみません。そのうえ、多忙にも関わらず駄ブログへお立ち寄りいただき、恐縮です。ラジオを聴いてると、この曲が何度も流れてくるせいもあってか、いつの間にか憶えてしまいましたcoldsweats01。記事のとおり、"れいのカラオケ"でボイトレしておりますので、いつでもお声をかけてくださいませ。他にも「秋歌」がありますが、何とかレヴュって見ようと考えております。間に合わなければ、来年のネタにcoldsweats01
 実はこの曲も記憶の底に完全に埋没していました。少し蘇ったのもラジオのおかげ、と感謝する次第です。

 そう言えば、三田寛子もこの曲をカヴァーしてましたね。でも、本家には敵わなかったようでcoldsweats01。意図的かどうかはともかく、曲ができなければカヴァーで、という傾向が非常に強かったですよね、80年代後期から90年代にかけては。今は亡き阿久悠氏のトリビュートが大流行ですよね。名曲は歌い継がれる、と前向きに考えるべきなのでしょうか。

投稿: 傷心の少年 | 2008年10月10日 (金) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/24041569

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.6)「南沙織・①色づく街」:

« 「学校単位での結果公表?反対に決まってるやんけ!」大阪府2008年9月定例府議会、代表質問スタート(自民党編) | トップページ | 「教育格差の前に現状提示、協力した市町村には財政支援を」大阪府2008年9月定例府議会、代表質問スタート(公明・民主党編) »